So-net無料ブログ作成

年齢と反省の関係。 [雑感]

トシを重ねる
「喜ぶ」より
「反省する」回数のほうが
増えていくモノなんだなぁ。

昨晩、寝る前に、
ふと、思ったことです。

若手の頃は
いいことがあれば喜び、

ヤなことがあれば、
怒ったり、凹んだり、

“動物的”に
過ごしていれば済みました。

ですが、
会社に入って
年数が経てば経つほど、

「初めての成功」、
「初めての失敗」、

どちらも
減っていくわけです。

成功しても、
増えた経験値により、
喜び、感動は小さくなり、

逆に、失敗すると、
経験値を活かせなかった、と、
反省することに
なるわけです。

昨日も、
とある競合プレゼンに
勝ったという連絡が
あったときには、

若手陣は
嬉々としていましたが、

僕は同時に、

「ところで、あっちの
仕事はどうなった?」

と、雲行きが怪しい、
別の仕事のことを
気にしていました。

そして、その仕事が
案の定、うまく行っていない
ことを知り、

先回りできなかった
自分を悔いていました。


・・・一晩寝て、今朝。

改めて思いました。

年齢を重ねるということは、

「小さい、経験済みの成功」が
どんどん増えていき、

これには喜びも、感動も、
感じなくなって
いくわけです。

その代わりに、
蓄積された経験値を
フルに活用して、

「小さい失敗」を
減らし続けていくと、
評価が上がっていき、

その結果、

「巨大な未経験の成功」を

体験する機会が
与えられ、
欣喜雀躍できるわけです。

the best of today。
日々「反省」し、進まねば。

そんなことを思った、
土曜の朝でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0