So-net無料ブログ作成

100%の思い。 [スポーツ]

奇跡に挑んだブラジル戦は、
残念な結果に終わりました。

ブラジルに同点され、逆転されたときは、
僕もしばし放心状態でした。

ですが、サポーターも、そしておそらく選手自身も、
頭のどこかでダメかもしれないな、
感じていたのではないかと思います。

それが「奇跡」なのですから。

・・・でも1人だけ。
100%信じて闘っていた男がいました。

ナカタヒデトシ。
試合が終わってもセンターサークルで号泣し、
その後もロッカールームで泣いていたそうです。

彼はメディアの前で自分を晒すタイプではありません。
その彼が、人目も憚らず、
涙を止めることができなくなっていました。

「ブラジルを本気にさせてしまった」
「実力差があった」・・・等々、
落胆しつつも、
敗北を受け入れる心構えが出来ていたような
コメントを出す選手がほとんどの中で、
彼だけが、「勝ち抜く」と
100%信じ切って闘っていたんじゃないか、
そう感じさせる涙でした。

他の選手の気合や思い、頑張りが、
ヒデより足りなかった、とは思いません。

ただ、負けるかもしれない、などと微塵も考えず、
「本当の100%の思い」を、
彼は持ち得ていたのかなあ、と感じたのです。

これはワールドカップだからとか、スポーツだからとか、
そういう次元の話ではない気がします。

本当の100%をブツけられることがあったり、
本当に100%信じられる人がいたりすることは、
最高に素敵で、幸せなことです。

ナカタヒデトシという人間にとって、
それがこの3試合だったんだろうなぁ。

・・・泣き崩れる彼を見て、そう思いました。

the best of today。
一介のサラリーマンが、
ここまで仕事に打ち込めることは、
たぶんないと思います。
(もちろんそうなれば幸せですが。)

でも。
そういう人に出会えることは、
誰にでもある気がします。
・・・ふと、そう思いました。

タグ:サッカー
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。